国立新美術館のジョジョ展に行ってきた感想ッ!気になる混雑具合は。。

2018年のジョジョ展は、国立新美術館で開催ッ!
夫婦でジョジョ好きな私たちも早速8月末の週に行ってきました。
気になる混雑具合やグッズ、展覧会自体の感想です。

ジョジョ展基本情報

基本的な情報は、公式HPをチェック!
荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋

公式HPでは、わからないポイントや見どころを書いていきますね

国立新美術館へのアクセス

国立新美術館には、東京メトロの千代田線の乃木坂駅からの行くのが迷わなくて便利イィィ!

地下鉄の出口6から行けば、国立新美術館に直結しています。ジョジョ展のポスターも貼ってあるので、期待がぁ膨らむぜッ!
出口6を道なりに進めば、すぐ新国立美術館の入口ッ!

9月3日まで、ルーブル展をやっているので、入り口は若干混んでいるかもしれません。間違って、ルーブル展に並ばないようにッ!ジョジョの展覧会は、2階です!

入り口はこちらぁ!!

チケット

すべて完全日時指定制なので、日時を事前に決めておく必要があります。
チケットは、国立新美術館で購入することも可能ですが、特に土日だと既にチケットが完売している日もあるので、事前に空き状況が確認できるローソンチケットで購入することをお勧めします。

ジョジョ展の混雑具合

気になるジョジョ展の混雑具合ですが、日時指定券なので、人数がある程度コントロールされているので、めちゃくちゃ混んでいるということはないです。
とは言っても、展示している原画の場所によっては、混雑している個所もあるって感じです。
土日は、チケットが完売している日が多いので、平日と比較すると人が多いと思います。
私たちが行ったのは、8月末の平日でしたが、人が多いなと感じるくらいで、大混雑しているとは感じなかったです。

所要時間

さくさく見ると1時間かからないくらいのボリュームです。
ただ、じっくりと見ると3時間~4時間はかかります。
原画最前列で、且つセリフや絵を一つずつじっくり見ているといつの間にかこれくらいかかっていました。
いつの間にかこんなに時間経っていたのか…と時間が吹っ飛ばれされた感覚味わうこと間違いなしィッ!

ジョジョ展の3大見どころ

2018年のジョジョ展を鑑賞してき思った(個人的な)3大見どころの紹介です。

フォトスポット

12枚の特大イラストの写真を撮ることができます。これが、ほんとにディモールトベネ!!ジョジョ展に入場し、概要説明のパネルを過ぎ、さぁ、いよいよ荒木先生の絵を拝見できるぅー!ってなったテンションで、壁一面に特大イラストがズラリと並んでいるのには、感激致しました。唯一の写真撮影OKの場所なので、他のジョジョファンへのマナーを忘れず、バシバシ写真撮ってくださいね。

大型原画ゾーン

荒木飛呂彦先生の完全新作の大型描き下ろし原画「裏切り者は常にいる」これは、もう感動ですよ。自分がキャラクターと同じ世界感にいると錯覚してしまうッ!いや、まさにそこに徐倫や丈太郎がいると感じざるを得ない。「グレートだぜ。。。荒木先生の絵はよぉおー」って呟いてしまいます。。。是非、これは、自分の目の前で観て欲しい作品ですね。

荒木先生の絵はァァァァァァ世界一イィィィィィーーーー
って感じること間違いなしです!

ジョジョリロン

荒木先生の漫画の発想や手法がどのようにできているのか解説してあるジョジョリロン。実際に、荒木先生が書いているキャラクターの「身上診断書」を見たら、震えましたよハートが。。。こんな風に書いているのか―って、まさに目の前で、荒木先生が書いているのが想像できます。

今回のグッズ販売は、最高にグレートだぜッ

過去のジョジョ展と比較して、今回グッズ購入の仕組みがよかったです!
理由①物販コーナーでの奪い合いがない
物販コーナーに置いてあるのは、見本のみ、注文書に欲しい個数を記入する形式でした

理由②レジが混雑しないように工夫している
注文書に記入したら、レジを3つに大別してあって、指定したレジに並びます。
レジを大きく3つに分けることで、長蛇の列に並んでいる感が少なくてストレス減でした。
注文書Noカードをレジで渡すとスタッフが注文書通りにグッズを持ってきて、会計という流れになります。
※注意事項で、ちゃんと注文書通りにスタッフが持ってきてくれるかは、最後必ずチェックしましょう!
スタッフも人間なので、注文書通りにグッズを持ってくるのを忘れる場合がります。
私も、今回の原画展の図録を注文書に記入していたのですが、入ってなくて、最終確認するとき「ないですよ」と言いました。

今回のジョジョ展で購入したグッズ
5部の防水ステッカーがおしゃれで、ベネ!

まとめ

国立新美術館でやるだけあってこれまでのジョジョ展とは、一味違った原画やイラストの見せ方や配置が凝っている印象を受けました。「美術館に来た!」って感じでしたね。
全体のボリュームは、過去のジョジョ展で見たものも多かったですが、フォトスポットと大型原画ゾーンといった見どころには大満足でした。グッズで図録を購入したのですが、図録で観るのと実際に、目の前でホンモノを観るのとでは、色合いもそうですし、心にグッとくるのが違います。ジョジョのテーマである「人間賛歌」を感じる2018年のジョジョ展でしたッ!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です